家を購入する際に不動産屋に支払う仲介手数料はいくら?

不動産に払う仲介手数料とは

仲介手数料は意外と高い

仲介手数料とは何か簡単に説明します。
家を購入するときには、さまざまな費用がかかりますが、仲介手数料もその中の1つで、不動産仲介会社に支払う報酬になります。
購入の際に、契約までを不動産会社が売り手側との間に入って仲介してくれ、そして無事契約成立となったときの手数料です。
そのため、契約に至らなかったときや、不動産会社が直接販売をしている場合は手数料は発生しません。

では、仲介手数料はいくらかかるかが気になりますが、この仲介手数料は上限額が決まっている為、不動産会社の多くは上限額を仲介手数料としています。
仲介手数料を、例えば3000万の物件だった場合で計算してみましょう。
200万以下の部分×5%で10万円。
200万円から400万円の部分で200万×4%で8万円。
400万超えの部分は2600万×3%で78万円。
総額で96万円の仲介手数料になり、ここに消費税が加算されます。
このように、物件価格のうち200万、200万から400万、400万を超えた分とわけて、それぞれの利率により計算するようになります。
家を購入というのは、ふつうは400万円を超えるケースがほとんどになりますので簡単な計算式を紹介します。
(購入額×3%+6万円)×消費税=仲介手数料です。
この計算式で5000万の物件の仲介手数料を計算してみます。
(5000万円×3%+6万円)×1.08=1,684,800となります。
ぜひ、参考に計算してみて下さい。

TOPへ戻る